髭が濃くなる原因

髭が濃くなる原因

髭が濃くなると言われている原因はいろいろあります。
そこでよく言われている原因を紹介したいと思います。

男性ホルモンが原因で髭が濃くなる?

男性ホルモンの中には、髭の成長を促すものがあることが知られています。
その男性ホルモンの働きは人によって一様でなく、遺伝等の影響で強かったり弱かったりするため、髭の濃い人がいれば薄い人もいると考えられています。

男性ホルモンと髭が濃くなる関係

 

男性ホルモン(テストステロン)が関係している!

男性ホルモンにはテストステロンがありますが、これは男性ホルモン全体の9割位を占めているそうです。
テストステロンは、男性の体内に多く存在しますが、女性にも男性の5パーセントから10パーセント程度存在すると言われています。
この男性ホルモンは、髭などの体毛を濃くしたり、骨や筋肉の強化、性欲の増強などの作用をします。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)が問題

もう少し詳しい話をしますと、ここで5αリダクターゼという酵素が関係してきます。
なお、酵素というのは、自分自身は変化することなく、ある物質が別の物質に変化するのを促進する物質のことです。

 

この5αリダクターゼの働きによって、テストステロンはジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変化します。
そしてジヒドロテストステロンが髭等の毛根付近にある受容体へ引き寄せられると、毛の成長因子のIGF-1あるいは毛の脱毛因子のTGF-βを生成されるそうです。

 

なお、受容体というのは、なにか特定の物質を引き寄せる部分のことをいいますが、ここで出てきた受容体はジヒドロテストステロンを引き寄せます。
そして、ヒゲの場合は成長因子が生成され、頭髪では脱毛因子が生成されることがわかっています。

 

髭の濃い人の場合は、成長因子が多く生成される訳ですが、何故人によって成長因子の生成量が多かったり少なかったりするのかはよくわかっていないようです。

 

ジヒドロテストステロン(DHT)が薄毛にも関係

また頭髪では脱毛因子が生成されますが、これが男性型脱毛症の原因だと言われています。

男性ホルモンが増える原因

男性ホルモンの分泌が増える原因は色々あると言われています。

 

筋トレが男性ホルモンを増やす!?

例えば、筋肉トレーニングは男性ホルモンが増えるという研究結果があるようですし、一般的な運動をしても同様に増えるようです。

 

性的に興奮も関係が!

男性の場合には、女性に接近した時や性的に興奮した時、あるいは性交や自慰行為で射精しても男性ホルモンが増加すると言われています。

 

ストレスによるほるもバランスの乱れも!?

ストレスも間接的に男性ホルモンを増やすと言われています。
何故ならストレスによって自律神経が正常に働かなくなることで、ホルモンバランスの乱れを誘発して結果的に男性ホルモンが増えることがあるらしいのです。

 

食材の中にも原因が!

そして、食材にも男性ホルモンを増やす効果のあるものが知られています。
まずはタンパク質の多い肉類や動物性の海産物などがあります。
そして脂肪酸の類も男性ホルモンを増やす効果があるそうです。
具体的には、アーモンドやオリーブオイル、その他にもココナッツオイルや卵の黄身、チーズなどが脂肪酸を多く含むと言われています。
後はニンニクやタマネギのような硫黄化合物を含む食材も男性ホルモンを増やす効果が認められているようです。

 

ホルモンを増やす成分は

食材以外には、サプリメントにも男性ホルモンを増やす効果のある成分を含むものがあります。
特に男性の精力増強サプリメントに含まれているアルギニンやシトルリンのような成分は、男性ホルモンを増やすことが知られています。
またマカやクラチャイダムという植物にはアルギニンが多く含まれていますので、これらを原料としているものも男性ホルモンを増やす効果があるそうです。

男性ホルモンが増えるのを抑える方法


男性ホルモンを増やさないためには、強い運動を避けること、あるいは性的な興奮を抑えるなどがありますが、個人差が大きいようです。

 

男性ホルモンを減らす食べ物

食べ物で男性ホルモンを減らすので有名なのは、大豆製品でしょう。
豆腐や納豆、あるいは豆乳などには、大豆イソフラボンが含まれています。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに性質が似ている物質です。
摂取すると、男性ホルモンの働きを抑える効果があると言われています。

 

その他には、緑茶あるいは紅茶が男性ホルモンの分泌を抑える効果があるそうです。
また紅茶を飲みながら食べることの多い糖分の多いケーキなどにも男性ホルモンを減らす効果があると言います。

 

サプリメントもあり

それから男性ホルモンを減らす効果のあるサプリメントも販売されています。
たとえばノコギリヤシを原料とするものや大豆イソフラボンを凝縮して配合したものがあります。
また漢方薬の中にも男性ホルモンが増えるのを抑えるものがあるそうです。

 

薬もある

ところで前述のように髭が濃くなるのは、ジヒドロテストステロンあるいは、これを作り出す働きのある5αリダクターゼが原因です。
そのため5αリダクターゼの働きを抑える薬があります。
これは薄毛治療の薬が有名ですが、髭が薄くなるとも考えられます。

 

濃い髭の原因は、男性ホルモンの中の一部の働きによるもので、それも遺伝など個人差が大きいと言われています。
また男性ホルモンは男性の生殖器などの働きを司っていますので、減らすことの弊害もあります。

髭を剃ったり抜いたりすると髭が濃くなる?

男性でしたら、髭剃りは日課になっている人が多いと思います。
果たして髭剃りは、髭が濃くなる原因なのでしょうか。
また髭を抜いた場合には、どうなるのかも見てみましょう。

髭を剃ったり抜いたりすると髭が濃くなるのか?


例えば、髭剃りで肌を傷めると体の防御作用によって、髭が濃くなる可能性があるという説があります。
一方で髭を剃ることによって毛の切断面が広くなるので、一見髭が濃くなったように見えるという説もあります。

 

肌に負担をかけないように剃る

最初の説では、なるべく肌に負担をかけない髭剃りを推奨しています。
特に毎日髭剃りをしますと、肌への負担が大きいですから、できれば2日か3日おき位に剃る方が良いそうです。

 

髭を抜くのは駄目!

それでは髭を抜くと濃くなるのでしょうか。
これは濃くなる可能性があるという説が有力です。
髭を頻繁に抜いていますと、次に生えてくる毛が太くなる現象があります。
これは硬毛化と呼ばれていますが、人によっては倍程度の太さになって生えてくると言われています。
また多毛化という現象もあります。
髭を抜いた後に生えてくる毛が1本でなく、1つ毛穴から2本3本と毛が生えてくる現象です。
そして髭を抜くのは肌への負担も大きく、細菌などによる感性症などを引き起こすこともありますのでやらない方が良いそうです。

理想的な髭の処理方法


誰でもできる髭の処理方法は、カミソリや電気シェーバーで剃ることでしょう。
この場合は、泡状のフォームで肌を保護してから、少し高級なカミソリを使うと良いそうです。
完全に髭をなくすには脱毛するのですが、髭の脱毛方法は何種類かあります。

 

エステサロンで光脱毛か医療機関でレーザー脱毛

エステサロンなどで主に行われているのが光脱毛です。
そして美容クリニックなどの医療機関では、レーザー脱毛または電気脱毛が行われています。
脱毛の原理としては、いずれの方法も同じで、毛根の傍にある毛の成長に関わっている細胞を熱して壊し、その働きをなくします。
光脱毛とレーザー脱毛は、脱毛部位の髭を剃っておいて、そこへ強い光あるいはレーザーを照射します。
そうしますと、毛根の色の濃い部分と反応して発熱します。
その熱で毛を成長させる細胞を壊す訳です。
電気脱毛は、毛穴に電気針を挿入して、針の先端部分を発熱させて細胞を壊します。
いずれの脱毛方法も、大体2ヶ月おき位に施術を行い、1年か2年程度続けると脱毛できるようです。

 

市販の脱毛器を使う

その他には、市販の脱毛器を購入して自分で行うやり方もあります。
このような市販の脱毛器は、エステサロンの光脱毛と同じ原理のものが多いようで、人気の機種はある程度の効果があると言われています。

 

抑毛ローションを使う

イソフラボンなどの成分が配合されていて抑毛効果が期待できるというものです。
少しずつ毛が細く薄くなるということです。

 

参考ページ
髭を薄くする方法